聖書における「奇跡」を表す用語

旧約聖書では「奇跡」という語による表現は、比較的少ない。聖書では多くの場合、「奇跡」は「不思議」、「不思議な業」、「しるし」などの語によって言い表されている。口語訳新約聖書(1954年)の『使徒行伝』では「奇跡」と「しるし」の語が併用されてい…

人生の意義

この問いは、経済的に豊かな国であるほど、切実な問題となってくる傾向がある[要出典]。経済的・物質的に豊かな国の人々ほど、ひどい「空虚感」や「心のむなしさ」にさいなまれている人の数が増える傾向がある[要出典]。アブラハム・マズローは人間は基本的…

自由意志(free will)

自由意志とは、自分の意志が自分の自由になるという仮説である。 自由意志とは人間が自己の判断に対するコントロールを行うことができるという仮説である。専門家の間でもよく見られる誤解は、自由意志を行為の自由(自由行為)と混同することである。人間に…

ウィルウェイ willとway 英文

I will move that to somewhere it won't get in the way.それを邪魔にならない場所へ移動する。 Is there any possibility that it will come this way?それがこちらに来る可能性はありますか。 I am not really hoping that it will turn out that way.私…

willway(ウィルウェイ)を使った英文

Give a way to us or else we will kill you using a blade.「道を譲れ。譲らぬと斬るぞ」 Then you will find your religious way.'「信仰の真の道ひらけるぞ。」 The house lies in my way, so I will look in on my way home.その家は路に当たるから帰り…

willway ウィルウェイ を使った英文リスト

He will have everything his own way.彼は勝手な真似をする He will have everything his own way.彼は身勝手なことばかりする I will do myself the honour to show you the way.ご案内申しましょう The crying child and my lord will have their way.泣…

WillWay ウィルウェイ

I will go with you part of the way.途中までご一緒しましょう. “Will you lend me money?"“No way."「お金を貸してくれますか」「だめだ」. Where there's a will, there's a way.石に矢の立つためしもある. I will walk the rest of the way.これから先は…

WillWay ウィルウェイ

Where there's a will, there's a way.成せばなる I will show you the way.案内して上げよう There will be a lottery by way of entertainment.福引の余興あり She will have everything her own way.娘がわがままで困る I will look in on my way home.戻…

非常駐車帯

非常駐車帯とは、故障車・緊急車両・道路管理車両等が、停車することを目的に道路の路肩に設置されているスペース。なお、法令上、「待避所」とは設置目的が異なり区別される。 自動車専用道路ではおおむね200m間隔、トンネル内では750m間隔で設置され、非常…

道路管理者

道路法によって、私道を除く公道は高速自動車国道、一般国道、都道府県道、市町村道に分けられているが、同法に基づき、それぞれの道路には、道路管理者が設置されることになっている[1]。道路管理者の役割は、道路の新設および改修、交通安全施設や交通施設…

上下分離方式

上下分離方式(じょうげぶんりほうしき)とは、鉄道・道路・空港などの経営において、下部(インフラ)の管理と上部(運行・運営)を行う組織を分離し、下部と上部の会計を独立させる方式である。 一般には、中央政府・自治体や公営企業・第三セクター企業な…

クランク (道路)

クランクとは、直角の狭いカーブが二つ交互に繋がっている道路形状のこと。桝形道路(ますがたどうろ)などとも呼ばれる。 また、狭路の一種で、技能検定や修了検定で必ず検査される課題の一つでもある。狭い道路を、車両感覚を捉えたり、視野を上手にとった…

生活道路

生活道路は、その地域の住民らが自宅から大通りなど主要道路に出るまでに使う道であるが、その多くでは幅員が狭く、自動車の対面通行がやっとであるか一方通行であるなど、頻繁に自動車が通ることを前提としていない。 民家に隣接している関係で、垣根や塀な…

アヴェニュー

アヴェニューまたはアベニューは、道路などの「通り(とおり)」を主な意味とする。フランス語ではアヴニューとなる。 フランス語や英語で用いられるAvenue(fr、en)を日本語(片仮名)で表記したものである。フランス語圏などでは並木道や街路樹を備えた大…

狭隘道路

狭隘道路とは、法律上の定義はないが、行政(都道府県・市町村)が使用する場合は、主に幅員4m未満の2項道路を指す。国土交通省の補助事業(狭あい道路整備等促進事業)では、建築基準法第42条第2項・第3項の指定を受けた道路(2項道路・3項道路)、未指定の…

建築基準法の「道路」

建築基準法第42条は、以下の1〜5に該当する場合を道路とし、6に該当する場合を道路とみなしている。 道路法の道路(国道、都道府県道、市町村道)で、幅員4メートル(一部区域では6メートル)以上のもの 都市計画法、土地区画整理法、旧住宅地造成事業に関す…

古代国家による道路網の整備と発達

古代文明が発達し、国家が誕生すると道は計画的に作られていくようになった。中でもローマ帝国が建設したローマ街道は、最も大規模で組織的なものとしてよく知られ、その道路網の総延長は約29万km、うち主要幹線は8万6000kmにもおよんだ。「すべての道はロー…

リトマス紙

ろ紙にしみこませたものはリトマス紙またはリトマス試験紙と呼ばれる。市販されているリトマス試験紙には、出荷状態で赤色のものと青色のものとがある。これは、製造工程で添加する硫酸の量の違いによる(変色域が酸性に偏っているため、青色のリトマス試験…

随筆

随筆(ずいひつ)とは、文学における一形式で、筆者の体験や読書などから得た知識をもとに、それに対する感想・思索・思想をまとめた散文である。随想(ずいそう)、エッセイ、エッセーなどともいう。「essai」の原義は「試み」であり、「試論(試みの論文)…

日本語での作文

小学校・中学校では、国語科の単元の一つとして「作文」があり、読書感想文、夏休みの日記、社会見学、合宿など体験的な行事の感想などさまざまなテーマで書く課題が与えられる。学級内のいじめや仲違いなどの事件の反省として書かされる場合もある。高等学…

留学生10万人計画と留学生の急増(1983年〜)

1983年の中曽根内閣による「21世紀への留学生政策に関する提言」、翌年6月の「21世紀への留学生政策の展開について」のなかでの、いわゆる「留学生10万人計画」の提言を受けて、その実現に向けた政策が採られるようになり、1990年代後半には一時停滞したもの…

大学の編入学試験

大学の編入学試験は、短期大学・高等専門学校(高専)や専修学校専門課程(専門学校)の卒業者及び卒業見込み者、4年制大学2年次修了者などを対象とし、主に大学3年次に入学する者を選抜する試験である。なお、4年制大学2年次修了者等は、後述するところの転…

四国八十八箇所

四国八十八箇所は、四国にある空海(弘法大師)ゆかりの88か所の寺院の総称で、四国霊場の最も代表的な札所である。単に八十八箇所ともいい、あるいはお四国さん、あるいは本四国ともいわれている。 四国八十八箇所を巡拝することを四国八十八ヶ所霊場会では…

ペンシルパズルとしての迷路

紙の上で解くペンシルパズルとしての迷路には、多くのバリエーションがある。一見すると普通の絵画だが、実は輪郭線に隙間があって迷路になっているものや、正解のルートを塗り潰すことで絵が浮かび上がるものもある。日本のパズル作家では、前者は吉岡博、…

意思能力

意思能力は行為能力とは異なり実定法上に具体化されているものではない。意思能力の存在は、私的自治の原則(意思自治の原則)を基本として構成される私法上の法律関係においては当然の前提とされる。平成30年4月現在、民法その他の法令に、「有効な行為を為…

副校長・副園長・副学長

学校教育法が規定する職。大学および幼稚園を除く学校は副校長、幼稚園は副園長、大学は副学長。高等専門学校は法令に規定なし。東京都では教頭を「副校長」と称しており、副校長を置いている学校では教頭の設置が免除される。 副校長は校長を、副園長は園長…

リビング学習

リビング学習とは、子どもがリビングやダイニングといった両親の目の届く範囲で勉強する学習方法のこと。 基本的には学習習慣の定着を保護者が補助する手法である。東大に行く子はリビングで勉強していたなどの説が教育雑誌などで広まり、家庭に影響を与えた…

通知表

通知表(つうちひょう)は、学校等が幼児・児童・生徒の教科の成績や日常生活の記録などをまとめ、幼児・児童・生徒本人及びその保護者へ通知するための書類である。 通知表には、教科の成績や生活の記録などが記載される。法定表簿である指導要録とは異なり…